環境まちづくりNPOエコメッセ(自然エネルギー発電所)の紹介記事をアップしました。

生活クラブエナジーの自然エネルギー発電所に登録されています「環境まちづくりNPOエコメッセ」の活動紹介記事をアップしましたので、発電所紹介を開いてご覧ください。

エコメッセ発電所1号機

減らそう「CO2」、つくろう「循環型社会」~環境まちづくりNPOエコメッセ~

20161219_01

環境まちづくりNPOエコメッセは、自然との共生を優先したまちづくりを実践し、環境負荷をかけない循環型社会を作り出すことを使命としています。

生活クラブエナジーに売電している発電所は、エコメッセ設立10周年記念で設置した11kWの太陽光発電所です。エコメッセと同じく東京の生活クラブ運動グループである「社会福祉法人悠遊」が運営する東京都世田谷区の「生活クラブ・ケアセンター世田谷」の屋上に2013年に設置し、2016年4月からは全発電量を生活クラブエナジーに売電しています。
日常は生活クラブエナジーに売電しますが、非常時には、小規模多機能ホーム、グループホームなどが入る「生活クラブ・ケアセンター」で使う契約にしています。

21世紀を「環境」と「コミュニティ」の世紀に

エコメッセは2001年に東京都練馬区で市民団体として生まれました。きっかけの一つには1986年のチェルノブイリ原発事故があります。その後、生活クラブ生活協同組合・東京の第3次長期計画で描かれた「21世紀型地域機能づくり構想」の環境分野での具体化の一つとして東京全体に広げることをめざし、2002年に特定非営利活動法人(NPO)エコメッセとなりました。

エコメッセは、大量生産・大量消費・大量廃棄でごみを増やし自然を破壊し環境を損なう社会に対するアンチテーゼとして、市民の皆様から寄付されたご家庭で不要な衣料品・食器・雑貨等を、そのままあるいは再生して販売するリユースショップを運営し、その売上げを使って環境活動を行うチャリティーショップです。現在東京都内に15店舗を展開しています。(2016年12月現在)
また、全国の「日本チャリティーショップ・ネットワーク」※の仲間ともつながっています。
そして、エコメッセの店舗は環境活動の拠点であると同時にまちづくりの拠点ともなっています。店舗には毎日さまざまな年代の方が訪れますが、ただ寄付・買い物に来るだけではなく、そこで交わされる会話から町の様子がわかり、その方の状況や必要とされている支援も推察されます。エコメッセをきっかけに新しい人のつながりができ、住みやすい街を作っていく拠点になるようにとも活動を続けています。

※「日本チャリティーショップ・ネットワーク」チャリティーショップを運営し、その売上から社会的な貢献活動を行っている6団体により、2015年に発足。(エコメッセの詳細は、http://ecomesse.jp/をご覧ください)

テーマに基づく環境活動

20161219_01

各店舗は、それぞれの地域でテーマとする環境活動を決めています。テーマは主に「自然エネルギーの普及・活用」と「緑・水を守り広げる活動」の2つに分かれます。
「自然エネルギーの普及・活用」を推進する地域は、店舗の屋号を「元気力発電所」とし福祉施設や保育園などに太陽光パネルによる市民発電所の設置を行っています。今までに8か所に設置しました。

「緑・水を守り広げる活動」を推進する地域は、屋号を「水・緑・木地(すいりょくきち)」と言います。雨水タンクの設置、緑のカーテン・打ち水運動の普及、里山を守る活動などを行っています。
各店舗では、来店のお客様に売り上げが環境活動に活かされることを話し、この活動にこれからも賛同し協力してくださるように寄付品の呼びかけと引き続きの来店呼びかけを行います。

各地域での環境活動を進めると同時に、エコメッセ全体で統一しての環境活動も進めています。日本の公害の原点足尾銅山の山、東日本大震災の津波で被災した地域、バブル期に宅地造成で崩され放置された山などへの植林活動、講師を招いての環境学習会、東日本大震災被災地での仕事おこし支援活動、そして前述のエコメッセ設立10周年記念の市民発電所建設などです。発電所の売電収入は次の環境活動へ活かすため発電基金として活用していきます。

また、太陽光パネルの設置を進める活動を専門性のある団体との連携深めながらさらに進めるとともに、ソーラーランタン、ソーラークッカー、その他のソーラー製品についても代理店となり、よりわかりやすく手軽に取り組める自然エネルギーの普及活動を進めています。

環境まちづくりNPOエコメッセ 理事会

                     

NPO法人こだいらソーラー

再エネで暮らす未来を拓く~小さな市民立の発電所の挑戦

東京での出資市民発電所第一号

20161219_01

2012年7月から始まった再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を追い風に、東京中で最初の出資型の市民共同発電所として、2013年2月、小平市学園西町にこだいらソーラー市民発電所第一号が稼働を開始しました。

これまで自然保護やごみや地球温暖化防止などにさまざまな市民活動として取り組んできた市民が、3.11原発事故をきっかけに、遠くの巨大なエネルギーに頼るばかりではいけない、市民の力で地域にクリーンなエネルギーを増やしていくことをめざそうと、NPOこだいらソーラーを立ち上げ、太陽光市民共同発電所づくりに取り組んできた結果です。
その後、さらに市民の皆さんから資金の拠出や応援をいただき、津田町に2号機やまびこ、小川町に3号機未来、隣の東村山市廻田町に4号機めぐる、2016年5月には仲町に5号機むさしを設置しました。全部で5機76kWの市民発電所が稼働しています。
発電した電気は、地域の送配電網に流れ、地域のエネルギーの地産地消の一端を担います。災害時には、自立運転に切り替えて、非常用エネルギーの供給拠点ともなるものです。FITで保証された20年間の売電事業により、出資した方々に少しの利息をつけて償還することができます。

広がる市民発電

20161219_02

こだいらソーラーは、市民発電所をまちの資源、エネルギーシフトのシンボルとして、市民にエネルギーのことを身近に考えてもらうきっかけにと、市とも協働して、再エネの普及・啓発活動にも力をいれています。セミナーや見学会、ベランダ発電工作教室などを開催しています。
市民の手による創エネ事業をめざす活動は、全国あちこちに広がり、以前からの寄付型のものも含めると、市民共同発電所と呼べるものは1000機に届こうかという勢いです。全国の市民共同発電所が一堂に会す「全国フォーラム」が毎年開催され、固定価格買取制度の3年間のブースト期間もまたずにはじまった電気事業者による出力抑制や、制度見直しの逆風も跳ね返す勢いで、熱く活動報告が交わされています。
2014年には、市民電力事業を志す人たちのネットワーク「市民電力連絡会」が発足し、こだいらソーラーも運営委員を務めています。市民発電所づくりのノウハウを学ぶ学習会や団体間の交流会を開催したり、再エネをさらに推進していくために国への意見書を出したりといった活動をしています。市民発電所づくりには、場所探しから資金集めまで、さまざまな困難があり、ネットワークを組んで共有する課題に取り組み、困難を突破することができたらと考えています。

売電先を生活クラブエナジーへ

20161219_03

2016年4月、電力自由化がスタート。いよいよ普通の市民も電力会社を選ぶことができるようになったことをチャンスに、私たちのつくった珠玉の再エネ電気を、再エネ小売りをめざす新電力を通じて、再エネで暮らしたい消費者市民に届けたい。私たちは、市民電力連絡会やエネルギーシフトを求める多くの市民団体とともに、新電力の再エネ調達と再エネ小売事業の拡大を促し、市民に、「デンキを選んで社会を変えよう!」と呼びかけるパワーシフトキャンペーンを展開しています。そして、実際に、こだいらソーラー2~4号の電気の売電を、生活クラブエナジーに引き受けていただくことになりました。生活クラブエナジーの供給する電気に混じって、組合員の皆さんに使っていただいています。
再エネで暮らす未来を引き寄せるために、小なりといえども創エネに取り組む地域の小さな発電所を、どうぞ、応援してください。

来年2017年1月13日~15日には、小平市中央公民館で展示イベント「ECOひろば~電力自由化早わかり」、2月にはソーラークッカー活用セミナーを開催予定です。どうぞ、お訪ねください。

NPO法人こだいらソーラー
理事長 都甲公子(生活クラブまち小平組合員)

一般社団法人 大磯エネシフト(自然エネルギー発電所)の紹介記事をアップしました。

今回は一般社団法人 大磯エネシフトの紹介記事をアップしましたので、お知らせ欄の「発電所紹介」を開いてご覧ください。

一般社団法人 大磯エネシフト

「3万人のまちからエネルギーシフト」
~持続可能な社会をめざす大磯エネシフトの取り組み~

きっかけは3・11

01

海と山、自然に恵まれた湘南の小さなまち大磯でも、3・11直後から原子力に依存しない社会への転換を願い、町民有志が動きだしました。勉強会や上映会、節電教室、そして町へPPS(新電力)への転換を求める陳情(採択され約400万円の経費削減)など、地域で取り組みを続けてきた私たちは、2013年12月に一般社団法人大磯エネシフトを設立、翌年4月には町内のマンションオーナーのご厚意で、屋上に第1号となる15kwの太陽光発電所を始めることができました。

2015年1月には、カトリック大磯教会の庭に2号発電所を開設、売電益の一部を福島の子どもたちの継続的な支援にあてることにしました。おひさまから生まれた電気が、原発事故で傷ついた子どもたちの支援につながるとともに、3・11を忘れず、持続可能な社会への転換を願うシンボルになる「みんなの発電所」の誕生です。
どちらも緊急時には、地域の方に非常用電源としてつかってもらうこともできます。大磯エネシフトを立ち上げたのは男女合わせて11人。年齢層も30代から70代までと幅広く、生きてきた時間も過ごしてきた環境もさまざまですが、目標をともにする同志です。大学教授、町会議員、自営業者、3児の母、サラリーマン、主婦や主夫など多様なメンバーそれぞれが、得意なことを持ち寄り、力を合わせ歩みだしました。月2回定例会を開き、年に数回の講演会上映会の実施、見学受け入れ、パネル周りの緑化などを行なっています。今後の取り組みとして、おひさまの光を作物と分け合うソーラーシェアリングの普及を目指しています。

私たちの選択が未来を変える

02

福島原発事故では15万人が故郷を追われ、地域社会の何もかもが奪われました。行き場のない膨大な核のゴミは今なお増え続けています。1986年チェルノブイリ事故後、ドイツのシェーナウ市民が、10年の歳月をかけてつくった市民電力会社が、いまや15万世帯の電気をまかなっています。このシェーナウ電力の代表であるスラーデックさんは2016年3月に設立された「ふくしま自然エネルギー基金」のアドバイザーとして、日本の私たちに力強いメッセージを届けてくれました。
(エネシフト HP参照)

日本の市民・地域共同発電所は2015年に800基以上になりネットワークもさらに広がっています。そして、この4月からの電力自由化にともなって大磯エネシフトは発電した電気の売電先を生活クラブエナジーに変更しました。メンバーの半数以上が組合員であること、そして何より環境にやさしい電気の共同購入をめざす生活クラブの新たな挑戦にメンバー全員が深く共感したからです。
ドイツの小さな町シェーナウのように、湘南の小さな町からもエネルギーシフトの波を起こしたいと思いながら活動している私たちとつながっていただけたらうれしく思います。

一般社団法人大磯エネシフト
理事一同