生活クラブ茨城 取手センター発電所

1 生活クラブ取手センターがある取手市は、世帯数約4.3万世帯、千葉県に隣接しているまちになります。取手センターは地域に開かれたセンターとして、地域組合員や地域の人も使えるようなセンターとして、1階にはコミュニティルームもつくりました。

 取手センターは建設委員会を経て、2015年10月、県内3番目のセンターとして開設しました。建設と併せて太陽光発電設備(発電容量約30kw)の設置も決定し、組合員の自然エネルギーを求める声、脱原発への思いを多くのカンパで集める形ですすめました。組合員の寄付・カンパ(230万円)と剰余金の一部と出資金で設置することができました。

 2016年2月より「生活クラブ取手センター太陽光発電所」として発電を開始し、発電全量を生活クラブエナジーに売電しています。2016度は年間で35,676 kwhを発電し、自然エネルギー循環の一部を担うことができました。事務所の入り口には「発電量」が確認できるモニターが設置され、その数値を毎月ブロックニュースで報告しています。取手センターの太陽光発電設置は語る道具として、仲間づくりにも活用しています。自分たちのエネルギーを自分たちで考えるというエネルギー自治という視点で考え発信しています。2

  茨城単協での電気共同購入参加者は109世帯(2016年3月末)、2017年は100世帯を目標にしています。持続可能な社会を目指し、脱原発・エネルギーの自給・CO2削減をすすめ、電力エルネギーを「減らす、つくる、使う」を主体的にすすめていくためにも、取手センター太陽光パネルを地域にアピールし、電気の共同購入への参加を広げていくことで、脱原発と自然エネルギーを推進したいと考えています。

 供給する電力は、どこで、どんな人が、どのようにつくったのか明らかにできることが私たちの電力の共同購入の強みです。毎月の電気の請求書には電源構成が掲載され、中身がわかるからこそ意味があります。電気の共同購入参加する(拠点を増やす)ことで、普段の暮らしがエコになり、省エネライフが実現できます。是非あなたも参加してみませんか?

 

生活クラブ大阪 市民共同発電所の紹介記事をアップしました

生活クラブエナジーとご契約を頂いております「全国の自然エネルギー発電所」から、今回は「生活クラブ大阪 市民共同発電所」のご紹介記事をアップしましたので、是非、ご覧ください。

⇒ 紹介記事はこちら

生活クラブ大阪 市民共同発電所(平野支所)

生活クラブ生協大阪は、組合員数17,506名(2017321日現在)、大阪府下の大阪市より北側を配達エリアとし、5つの支所(配送センター)があります。生活クラブ連合会に加入したのは2007年なので歴史が浅いと感じられるかもしれませんが、2018年で50周年を迎えるそれなりに歴史ある生協です。

平野支所

私たちは、チェルノブイリ原発事故や核のごみ問題を学んだことから、CO2排出抑制と脱原発を進めるために2005年から2008年にかけて10kW規模の太陽光発電を市民共同発電所として枚方市の香里支所と茨木市の茨木支所に各1基ずつ作りました。設置費用は組合員のカンパなどで賄ってきましたが、採算は取れていませんでした。2011年に福島第一原発事故が起き、3基目として大阪市内の平野支所での建設を決定したところ2012年にFIT法が施行されたため、採算が見込めるようになりました。20121010kW規模の発電所が完成しました。先に作った2基は自家消費ですが、平野支所の太陽光発電だけはFIT利用で全量売電なので、現在は生活クラブエナジーの発電所の一つとなっています。 ソーラーひらの2

設置費用としては、設備・工事費のほか講演会など広報宣伝費を含めて480万円でした。多くの組合員に脱原発と再生可能エネルギーについて考えてもらう機会として、480万円の内121万について組合員活動で集める計画を立てました。共同購入のチラシを使い年22年間に渡って全組合員からのカンパ申し込みを受け付け、80万円を集めました。また毎年秋に開催している「生協まつり」(2015年からは名称改め生活クラブ生協フェスタ)では組合員によるバザーを催し2年間で40万円を集めました。さらにブロックでの組合員活動として募金活動をしたり手芸品を販売したりして2年間で13万円を集めました。これらの組合員活動で計134万円となり、目標を達成し、不足分を生協事業から支出しました。1kW40円(税抜き)で20年間は買取されるので年間の総発電量10,000kWで計算すると800万円になり、途中でメンテナンスをしても採算がとれると判断しました。現在も順調に稼働しています。

この平野支所の太陽光発電設置を通して、脱原発や自然エネルギーについて考える機会とするための広報活動の一つとして愛称を組合員から募集し、地元の平野ブロックの組合員からの応募で「ソーラーひらの」と決定しました。また、組合員活動として脱原発のパブリックコメントを提出したり、学習会を開催したり、エコライフ家計簿参加呼びかけを行ったりしてきました。平野支所パネル2

これらの取り組みの様子が2012111日付の毎日新聞に取り上げられ、「借入金を返済したあかつきには次の自然エネルギーを作る夢ができました」という当時の理事長の談話が掲載されていました。今読み返してみて、連合する力で生産者の遊休地などで発電所を作り、各地の生活クラブの配送センターの屋根の発電所と合わせて電源として電力会社まで持つことができたことが夢のようだと感じます。そして次の自然エネルギーとしては関西6単協で進めている住吉川小水力発電の計画があります。当時は小水力発電もあまり知られていなかったけれど、「学び」も「実践」もどんどん広がり着実に進化していることを実感します。3,11の原発事故以前から問題意識を持っていた先輩組合員の取り組みを継承し進化させている私たちの活動を、一人でも多くの人に知らせて仲間を増やしたいと思います。

   生活クラブ生協大阪 理事長

           浅井由起子

  

 

5電力エリアの電源構成比率を2017年3月分まで更新しました

生活クラブエナジーで供給しています5電力エリア(北海道・東北・東京・中部・関西)の2017年3月度までの電源構成比率をアップしました。

※電源構成比率の数値は小数点以下第2位を四捨五入しているために、合計が必ずしも100%になるとは限りません。
電源構成比率はコチラから