生活クラブソーラー小田原センター発電所のご紹介

2012年度に生活クラブ首都圏4単協(東京、神奈川、埼玉、千葉)で、「自然エネルギー社会づくりに向けた構想」をそれぞれで推進していくことを確認しました。この構想実現に向けて、神奈川では2013年の総代会で「再生可能エネルギーの導入と拡大をすすめるための、センター事業所の屋上を活用した太陽光発電事業計画」を承認し計画をすすめました。

センター事業所における太陽光発電設置にむけた方針

1.神奈川における太陽光発電事業方針

1)首都圏4単協の自然エネルギー社会づくり構想にそってすすめます。将来的な生活クラブを中心とした電力会社(生活クラブエナジー(仮))に電力を供給することを構想し、事業者や電力自由化後には組合員宅への供給をめざすことを方針とします。

2)センター屋上に太陽光パネルを設置し、発電事業を生活クラブ神奈川として開始します。FIT(固定価格買取制度)による売電とし、売電先を自然エネルギー社会づくり構想にもとづき㈱サミットエナジーとします。生協法との関係では、自らの施設の屋根などに太陽光パネルなどを設置して発電し、電気の購入先である電力会社(「PPS」を含む)に売電することは、自家消費の範囲内で、電気代の節約と解釈でき生協法上、問題はありません。(日本生協連見解)

3)首都圏4単協では、構想にもとづき、すでに生活クラブ東京(多摩統合センター)、生活クラブ埼玉(5センター)において計画が具体化され2012年度に設備認定、2013年度、工事・稼働、発電の予定です。首都圏4単協の連携と共通政策(※-1)ですすめます。

4)2013年度は設備投資予算の範囲を基本とし、計画・設備認定をすすめ、設置工事をすすめ2014年度からの発電事業開始をめざします。

<首都圏4単協の構想にもとづく事業所における太陽光発電事業の共通方針> ※-1

1)太陽光設置に向けた構造調査、施工業者の選定し共通化する。2)太陽光発電に向けたパネル、資材等の共同仕入れを具体化する。3)事業計画の策定、系統接続、設備認定などの各種手続業務の進め方を共有化してすすめる。4)(仮称)太陽光ファンドの検討をすすめる。5)設置後の4単協太陽光発電所の共通監視管理とメンテナンス事業をGF秋田において検討する。6)その他必要な事項(先行事例のある東京と埼玉の事例共有)の共有をすすめる。7)4単協の太陽光発電事業の推進については、一般社団法人グリーンファンド秋田を事務局窓口とする。8)運動グループ施設等での設置の可能性の協議・検討をすすめる。

 

2.各センターにおける太陽光発電設置方針を承認します。

1)設置方針

(1)各センターの経年数と屋上面積は別紙の通りです。2013年度は予算の範囲と優先順位にもとづき1~2センターでの設備認定をすすめ、2014年度からの発電事業開始をめざします。

(2)優先順位をあやせ総合センター、小田原センターとして調査を開始します。

(3)計画立てて2~3年で更に可能なセンターについて設置を計画化します。

2)4単協の共通方針をもとに準備・調整をすすめます。

 調査にあたっては、生活クラブ風車の共同事業者であり、この間、生活クラブ東京、埼玉で調査、施工を実施してきた㈱市民風力発電の協力を得て、生活クラブ風車の事業法人である一般社団法人グリーンファンド秋田が窓口となってすすめます。調査では屋根の状況と設置面積、日陰等の確率と発電効率、パネル配置条件(架台等含む)、構造計算をもとにした荷重負荷などを調査し基本設計につなげます。

 

2014年4月から稼働開始

・発電規模:14kW

・パネル枚数:56枚

・名称:えっさほい *組合員から名称募集し、複数候補から環境・平和委員会で決定。

    童謡「おさるのかごや」を題材にして命名。太陽を浴びて一生懸命発電している様を想像して命名(命名者 談)。

 

 

 

 

 

 

 

・2014年6月2日 あやせセンターにて点灯式を開催し、おおぜいの組合員でお祝いしました(あやせセンター点灯式と一緒に小田原センターの点灯式としてお祝いしました)

 

 

 

 

 

 

 

小田原センターは、南側に海、西側に山を臨む風光明媚な場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活クラブソーラーラポール三ツ沢発電所のご紹介

生活クラブ神奈川の2015年度活動計画策定の『脱原発・自然エネルギー推進活動』において以下を基本方針とし、ラポール三ツ沢の太陽光発電所設置はここからスタートしました。

*(特養)ラポール三ツ沢:社会福祉法人いきいき福祉会は、1994年に生活クラブ生協(神奈川)の設立20周年記念事業として組合員7万人のカンパにより設立されました。その事業として、1994年に(特養)ラポール藤沢、2009年に(特養)ラポール三ツ沢を開設しました。生活クラブ生協(神奈川)はラポール三ツ沢の、屋上の屋根貸し契約を2015年から20年間の期間で結び、太陽光パネルを設置しました。

 

【基本方針】

1)2016年からの電力小売自由化に向けて、㈱生活クラブエナジーから組合員家庭へのグリーン電力供給に向けたメニューづくりとして、アンケート活動を実施します。

2)組合員参加によるエネルギー事業の検討をすすめます。2013年度に決定した生活クラブ施設における太陽光発電所設置の優先順にもとづいた組合員パネルオーナー制度による太陽光発電ならびに農地における太陽光発電(ソーラーシェアリング)を検討します。また発電した電気は(株)生活クラブエナジーを通じて循環させる方式を検討します。

3)太陽光発電を設置している組合員や自然エネルギー、省エネに関心のある人のネットワークづくりと場づくりの検討を進めます。自然エネルギーを展開することで地域社会が豊かになるような視点(社会的経済)での運動と事業を展望します。

4)脱原発・自然エネルギーをテーマとした学習会等を開催します。

2015年度環境政策委員会の活動方針として、生活クラブエナジーの設立を契機に「既存センター、デポーへの太陽光パネルをカンパで設置するなどを検討すること。また組合員が出資し、自分の名前のついたパネルを設置できる可能性やカンパで設置するなどを検討すること。」としました。

生活クラブ神奈川では、2014年にあやせ総合センター、小田原センターに太陽光パネルを設置し稼働開始しました。この設置については、生活クラブ神奈川の設備投資として出資金を使用し建設しました。2015年4月1日から(株)生活クラブエナジーへの売電がスタートしました。

2013年度に決定した生活クラブ施設における太陽光発電所設置の優先順位に従って、事業性を含めた設置可能性の1次調査を行い、2015年度にちがさきセンター/デポーに設置することを決定しました。また、私たち運動グループの仲間である「社会福祉法人いきいき福祉会 ラポール三ツ沢」の屋上への設置も決定しました。ラポール三ツ沢含め、神奈川の生活クラブ施設の太陽光発電所の設置は合計4か所となりました。

ちがさきセンター/デポーとラポール三ツ沢の太陽光パネル設置にあたっては『2015年度 環境政策委員会4つの活動方針』に基づいて行いました。

【活動方針】

1)生活クラブ神奈川におけるFEC自給圏づくりを一歩前に進める活動と位置づけ、具体化を図ります。

2)生活クラブ神奈川において再生可能エネルギー事業を推進することで、(株)生活クラブエナジーにおける自然エネルギーのシェアが拡大できるとともに生活クラブ(組合員)によるエネルギーの自治力を高め未来づくりにつなげます。

3)食と同じく日常の暮らしにとって重要なエネルギー問題を身近な活動につなげ、多くの組合員が活動に参加する機会をつくることでエネルギーへの関心を高め、エネルギー自治や自然エネギーを広げる活動つなげます。

4)この取組みに参加した組合員の中から、生活クラブの環境活動の担い手づくりにつなげます。

その一環として、組合員による特別増資を募りました。2,035人の組合員から3,565口(1口5,000円、合計 17,825,000円の特別増資)が寄せられ、ちがさきセンター/デポーとラポール三ツ沢の太陽光パネル設置費用の80%以上を組合員特別増資で賄うことができました。増資に参加した組合員へは全員に神奈川農産物生産者である「下曽我ミカン生産者グループの梅ジャム」をプレゼント、さらに抽選で「夢風ブランド酒」を5人にプレゼントしました。ラポール三ツ沢の太陽光パネルは、こうして組合員活動によって設置することができました。

 

2015年9月から稼働開始

・発電規模:31.2kW

・パネル枚数:120枚

2015年4月に、生活クラブ生協(神奈川)の運動グループの仲間である「社会福祉法人いきいき福祉会 ラポール三ツ沢」の屋上で屋根貸しの了解を得ました。その屋上に120枚の太陽光パネルが設置されています。

特別養護老人ホームへの設置という観点から、非常時には同施設へ電力供給ができる仕組みにしています。

この施設で発電された自然エネルギーを㈱生活クラブエナジーへ供給しています。

  

 

 

 

 

 

 

ラポール三ツ沢は、横浜市保土ヶ谷区峰沢町に立地しています。横浜市内であっても山や森、畑などがあり、近くには横浜国立大学もあります。

 

生活クラブソーラーあやせ総合センター発電所のご紹介

2012年度に生活クラブ首都圏4単協(東京、神奈川、埼玉、千葉)で、「自然エネルギー社会づくりに向けた構想」をそれぞれで推進していくことを確認しました。この構想実現に向けて、神奈川では2013年の総代会で「再生可能エネルギーの導入と拡大をすすめるための、センター事業所の屋上を活用した太陽光発電事業計画」を承認し計画をすすめました。

センター事業所における太陽光発電設置にむけた方針

1.神奈川における太陽光発電事業方針

1)首都圏4単協の自然エネルギー社会づくり構想にそってすすめます。将来的な生活クラブを中心とした電力会社(生活クラブエナジー(仮))に電力を供給することを構想し、事業者や電力自由化後には組合員宅への供給をめざすことを方針とします。

2)センター屋上に太陽光パネルを設置し、発電事業を生活クラブ神奈川として開始します。FIT(固定価格買取制度)による売電とし、売電先を自然エネルギー社会づくり構想にもとづき㈱サミットエナジーとします。生協法との関係では、自らの施設の屋根などに太陽光パネルなどを設置して発電し、電気の購入先である電力会社(「PPS」を含む)に売電することは、自家消費の範囲内で、電気代の節約と解釈でき生協法上、問題はありません。(日本生協連見解)

3)首都圏4単協では、構想にもとづき、すでに生活クラブ東京(多摩統合センター)、生活クラブ埼玉(5センター)において計画が具体化され2012年度に設備認定、2013年度、工事・稼働、発電の予定です。首都圏4単協の連携と共通政策(※-1)ですすめます。

4)2013年度は設備投資予算の範囲を基本とし、計画・設備認定をすすめ、設置工事をすすめ2014年度からの発電事業開始をめざします。

<首都圏4単協の構想にもとづく事業所における太陽光発電事業の共通方針> ※-1

1)太陽光設置に向けた構造調査、施工業者の選定し共通化する。2)太陽光発電に向けたパネル、資材等の共同仕入れを具体化する。3)事業計画の策定、系統接続、設備認定などの各種手続業務の進め方を共有化してすすめる。4)(仮称)太陽光ファンドの検討をすすめる。5)設置後の4単協太陽光発電所の共通監視管理とメンテナンス事業をGF秋田において検討する。6)その他必要な事項(先行事例のある東京と埼玉の事例共有)の共有をすすめる。7)4単協の太陽光発電事業の推進については、一般社団法人グリーンファンド秋田を事務局窓口とする。8)運動グループ施設等での設置の可能性の協議・検討をすすめる。

 

2.各センターにおける太陽光発電設置方針を承認します。

1)設置方針

(1)各センターの経年数と屋上面積は別紙の通りです。2013年度は予算の範囲と優先順位にもとづき1~2センターでの設備認定をすすめ、2014年度からの発電事業開始をめざします。

(2)優先順位をあやせ総合センター、小田原センターとして調査を開始します。

(3)計画立てて2~3年で更に可能なセンターについて設置を計画化します。

2)4単協の共通方針をもとに準備・調整をすすめます。

 調査にあたっては、生活クラブ風車の共同事業者であり、この間、生活クラブ東京、埼玉で調査、施工を実施してきた㈱市民風力発電の協力を得て、生活クラブ風車の事業法人である一般社団法人グリーンファンド秋田が窓口となってすすめます。調査では屋根の状況と設置面積、日陰等の確率と発電効率、パネル配置条件(架台等含む)、構造計算をもとにした荷重負荷などを調査し基本設計につなげます。

 

2014年3月から稼働開始

 

・発電規模:54kW    

・パネル枚数:216枚

・名称:あやせ光作くん *組合員から名称募集し、複数候補から環境・平和委員会で決定。

    太陽光を浴びて電気を作っていって欲しいことと、これからの社会を自然エネルギー(再生可能エネルギー)社会へ向かって先頭を切っ

    て走って欲しい(作ってほしい)、という願いを込めて命名(命名者 談)。

 

 

 

 

 

 

 

・2014年6月2日 あやせセンター太陽光発電 点灯式開催 おおぜいの組合員でお祝いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

・あやせ総合センター屋上はとても高くて広く、216枚もの太陽光発電パネルを、恐るおそる見学しました。

 

 

 

 

 

 

西野発電所(田んぼソーラー)のご紹介

 『田んぼソーラー』は田んぼの上で稲の栽培をしながら太陽光電池で発電するというもので、田畑の農地で営農しながらの発電所はソーラーシェアリングまたは営農型発電所と呼ばれています。発電所の大きさは30kw出力、18aの田んぼのうち800平方に3メートルの高さに100Wのパネル約300枚を遮光率25%、パネル角度30度で設置しています。年間発電量は約3万kwh。

 優良農地の第一種農地では発電所用への農地転用は不許可ですが、2012年一時転用ということでいくつかの条件のもと営農型発電所が許可されました。 ソーラーシェアリングの仕組みを公開特許にした長島彬氏の実証実験場を見学し、『俺にもできそうだ』と思ったのがきっかけで2014年に東北初の田んぼの上のソーラーが完成。

 

 設置にあたっては、設備投資が採算とれるのか、田植えや刈り取りなどの農作業がやりにくくないか、遮光することにより稲の成育に影響がでないか、施工は大丈夫か、と様々な心配がありました。すべてが実験と思いながら取り組み、任意団体『やまがた自然エネルギーネットワーク』の協力もあり、ほぼ順調に稼働し早くも5年になりました。

 この間延べ100人以上の方が見学し、その中で米沢や酒田の農家が田んぼのソーラーシェアリングに取り組んでいます。農家の経営にプラスになり、再生可能エネルギーを増やすことができる、ソーラーシェアリングいいね

 

 

 

「(旧)会員サイト」閉鎖のお知らせ

弊社の「(新)会員サイト」の運用がスタートしたことによりまして、「(旧)会員サイト」は2019年12月2日(月)午前10時をもちまして閉鎖させていただきます。
「(旧)会員サイト」にあります過去のご請求情報やご利用実績などは、必要に応じてお手数ですが皆様ご自身で、閉鎖前に保存対応などをしていただきますように、お願いいたします。
今後は「(新)会員サイト」のご利用を、どうかよろしくお願いします。

*今後ご利用いただける(新)会員サイトのサービス内容や登録方法、および過去の実績の保存方法などにつきましては、下記の「【重要なお知らせ】旧会員サイトサービス終了について」をクリックして、ご覧ください。

【重要なお知らせ】旧会員サイトサービス終了について

※【重要なお知らせ】にあります「サービスの登録方法」のお問い合わせフォームはこちらです。